即日キャッシング振込

キャッシング総量規制は債務者救済の制度

キャッシング総量規制は債務者救済の制度

一昔前、まだ消費者金融やカードローン会社がサラ金やヤミ金などという言葉と同列視されていたときの話です。

 

お金がなくなりどうしても今必要だった場合、銀行のような金融機関ではきっちりとした審査体制がとられていたため、ある一定以上の収入とその身分を保証しなければお金を借りることは出来ませんでした。サラリーマンなどの普通の社会人に対してはなおさらでした。これは当然の話だと感じます。

 

しかし、そうした金融機関でお金を借りることが出来ない人のために、サラリーマンなどの個人に貸付を行っている会社があったのです。それが、いわゆるサラ金業者というものでした。彼らは高い金利、今ではグレーゾーンなどと言われている高額な金利を条件にお金を貸し付けてくれたわけです。お金のない人間にとっては本当にありがたい話でした。

 

ところが、そうしたお金の貸付には収入によった上限などはなく、一度借りてしまった人間はどんどん雪だるま式にその額が大きくなっていってしまったわけです。そうしたサラ金業者に対する債務不履行がものすごく問題になりました。

 

そんな過去の歴史から学び、現代ではキャッシング総量規制というものを作り出したのです。お金を貸すための審査は消費者金融に任せます、しかし貸し付ける金額はその人の収入の約三分の一までにするように、という制度を作ったわけですね。

 

そうすることによって、借りすぎて借金が膨れ上がることのないように債務者側の抑制を促したのです。それが、キャッシング総量規制というものが出来上がった背景です。

 

ちなみに、現代社会の消費者金融とサラ金業者は全く違います。カードローンを行っている会社はほとんどが、上場に出しているような大手銀行の一グループとなっていますので、その点も現在の金融会社が信用されている要因だと感じます。

 

そうした視点から、さらにサービスを充実させた結果がキャッシング総量規制なのです。

スピード重視の厳選3社

最速キャッシング業者はここだ!

アコム プロミス モビット

とにかく低金利で選ぶ!

初回30日間無利息!

限度額に余裕がほしい!